Design
オリジナルキャラクターを作成してグッズ制作に展開してみる(Tシャツ制作編)
スポンサーリンク

プロレス好き(主にマスクマン)の熱が高まり。架空のプロレス団体とマスクマンの設定でキャラクターを考えました。ギャレットモータース(このサイト)が運営する架空のプロレス団体、『ギャレットマスクレスリング』のレスラーMASK DE GARRTTE(マスク ド ギャレット)というキャラクターを考えました。今回はこのキャラクターを使ってTシャツを作っていきます

スポンサーリンク

Tシャツにするイラストをデータ化

制作したデータをTシャツにしていきます。今回はデザインをカッティング(プロッター)マシンCAMEO3で出力してヒートプレス機で定着(印刷)します

以前制作したキャラクターMASK DE GARRETT このデータを使います
このデータのアウトラインはこうなっています。
カッティングマシン出力用にデータを作る前に一度原寸でプリントアウトして確認します
原寸出力確認は必要な工程だと思います。デザインの位置や大きさが少し変わるだけで印象が変わります。ここで配置する位置やデザインの大きさを定規で正確な数字で測定しておきます
原寸確認が終わったら、出力するサイズに合わせてデータをイラストレーターに配置します。今回は 0.08 mmの熱転写シートを使います。無駄にならないように隙間なく配置しました。今回の熱転写シートはあらゆるアパレル資材に使えますので、色々な種類とサイズを出力しておきます。元のデータもアドビ社のイラストレーターで制作しています。カッティングマシンCAMEO3で出力する為に
ファイル→書き出し→dfx形式 で書き出します

dfx形式で書き出したファイルをカッティングマシンカメオ専用デザインソフトウェア Silhouette Studioで開きます。配置したら使用する熱転写シートに合わせたサイズに拡大・縮小します

カッティングマシンで出力してヒートプレス マシンで印刷(定着)して完成

熱転写シートを出力するデザインの大きさに合わせてカットします
シートは正確に垂直がでるようにカットします。曲がっていると後ほどマシンにセットがしずらくなりますので慎重に進めたい部分

熱転写シートをセットする際に重要なのはカッティング用台紙の上の開始線にピッタリと合わせてセットする事です
カッティング用台紙にセットしたらCAMEOでカッティングマシンのセットボタンをおします。この際も台紙の左端を青いガイドラインに合わせ、白いローラーにカッティング用台紙が左右均等に当たるようにまっすぐなっているか確認。ここがずれていると全体がずれて仕上がりが台無しになる可能性がでてしまいます
カッティングマシンは結構大きな動作音が出ますので深夜・早朝の作業は気をつけたいところです
 カッティングマシンで出力されたら余計な部分を取り除いていきます
カットラインは結構みにくいんですよね

余計な部分を取り除くのをカス取りといいます
細かいデザインは気を使います
デザインが細かいと想像より時間がかかります
パーツごとに切り分けてデザイン素材は完成
印刷するデザインの素材が完成したらヒートプレス マシンで印刷(定着)させます。この熱転写シートは華氏320(°F)=摂氏160(°C)で20秒プレスします
原寸出力で測定した数値に合わせて実際のTシャツにデザイン素材を配置します
特に水平・垂直が綺麗に出ているかを注意しながら