赤いレザーのニューバランス996
スポンサーリンク

ニューバランスを最初に知ったのは中学生の時だったか、坂本龍一さんのCMだったと思います

スポンサーリンク

赤いレザーのニューバランス996

Made in USAに憧れて

その当時はMade in USAがお洒落だという風潮で、アメリカに憧れる的な企画の雑誌も多かった記憶です。NBは他のスニーカーと比べてカラーラインナップも地味でデザインもボテっとした?ディティールなのに何故か知的な印象を受けずっと気になってましたが、当時アメリカメイドは高価だったので中学生には手の届かない代物でした。結局手に入れたのは高校生になってから998のGRAY(グレー)をお年玉を貯めて買いました。もちろん毎日履き、数年後には最後はソールが加水分解でボロボロになってしまいましたが。

Made in UKを知る

そんな中Made in USA=ニューバランス だと長い間思っていたのですがMade in UKがある事を知り驚きました!Made in UKのものは現在いくつかあるのですがM576が一番好きです

そもそもNBでUK製があると自体驚きでしたが、2万円超の価格になかなか手は出せません。その頃はスニーカーショップには良く実物を見に行っていて、特にこのマットな革の赤いM576にずっと憧れていました。さすが革靴の国とでもいうのか、どこかクラシカルで職人の気配を感じます

996に革の赤があることを知る

最近になってABC-MART限定で996の革、赤が出ているのを知り、しかもセールで1万円を切っていたので2足買いました(笑)ハンドメイドではなくインドネシアの工場生産です。見た目は同じようにみえて、ニューバランスは原産国と素材・機能で値段と履きごこちが大きく変わります

赤ですが下品な派手さはなく、上品なマット感があります
クラシックなフォルムがやや知的な印象を受ける理由でしょうか
このポッテリ感が他のスニーカではありそうでないんです

残念ながらABC MARTのサイトではメンズサイズは完売していました。次にいつ出るかも分からないので、今となっては3足買うべきだったかもと少し後悔しています

坂本龍一さんは今もNBの動画に

NBを知るきっかけになった坂本龍一さんですが、最近もNBの動画に出ておられました

NBの990をカスタムデザインされていますね

渋いです、そして似合ってます。大人に似合うNB。はき心地はもちろん最高で、これからもずっとファンでいると思います

それはともかく
NBの誕生・CRAFTSMANSHIPの精神、最高です

1906年、ボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして、ニューバランス社は誕生しました。 社名の由来は、履いた人に“新しい(new)、バランス(balance)”感覚をもたらすことによります。足の解剖学的な知識、整形外科や運動生理学への深い理解があってこそ可能となる矯正靴の製造。このノウハウをもとに、60年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始します。 そして1972年。6名の従業員と日産36足の生産規模であったニューバランス社を、一人の青年が買い取ります。青年の名は、ジェームス・S・デービス。現New Balance Athletics Inc.取締役会長です。理想のランニングシューズを実現するために、自ら走ることで開発に従事した青年は、独創的なシューズコンセプト「インステップレーシング」を確立。70年代の後半に、それを具現化したシューズを発表するや、ランナーから絶大な支持を獲得します。 以降、伝統を継承しながらも、最新のテクノロジーを集結し、よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行っているニューバランス。その機能性を優先したシューズづくりの姿勢は、この先も決して変わることはありません。

引用:ABC-MART

ニューバランス996のコーディネート

ニューバランスはファッション業界でも大人気である一定の地位とファンがいます、ニューバランスには他には無い良さがあります

↑思いきったAライン可愛いです

↑ロングコートに996のコーデ、カジュアルだけど品があります

↑一見おじさんのようなアイテムでのコーデ。ギャップがいいですね

↑何かきになる、コーデです。イイな〜

↑左は20年!ソールを一度張り替え他みたいですが、履き続けていたみたいです。ニューバランスは上位モデルであれば修理可能です

 

ニューバランスの上位モデルは大変高価で、革靴が買えるレベルです。それでも上位モデルのはき心地は素晴らしく、納得のアイテムだと思います。今回の赤いレザーは低価格の部類ですが、色は赤で派手なようでいて落ち着き目のトーンになっており、下品さやPOPさはなくクラシック顔のニューバランス特有の品の良さは継続していますね。次に買うなら M1500のメイビーが欲しいですね

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事