趣味で飛ばすドローンは結局どれが自分に合うのか?まずは種類と目的を知ろう
スポンサーリンク

今では一般にも普及して認知度も高いドローン。
航空法の規制を気にせずに操縦を楽しめるトイドローンや本格的に空撮できたり、産業用などさまざまなタイプがあります。値段も数千円〜数千万円まであるそう!
そこで今回は主に趣味で飛行する目的でつくられたホビードローン:4枚羽根のクワッドコプター(ドローン)についての説明とおすすめのマシンをピックアップ。
選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ホビードローンには3種類あります

趣味のドローンといっても範囲は広いですが、室内で遊べるトイドローンやレースに参加したりするマイクロドローン、
空撮を目的とした空撮用ドローンと、大きく分けて3種類があります

それぞれに、さまざまな楽しみ方ができます

トイ・ドローン (Toy Drone)

価格も安く操縦も簡単で、気軽に楽しめる

トイドローンは気軽に操縦や空撮を楽しめて特別な免許も不要。室内でも楽しめます。簡単にホバリングできるタイプや自動追尾するモデルもあり、初心者でも簡単に操縦や撮影ができちゃいます。
価格も数千円~1万円程度。 通常コントローラー(プロポ)やバッテリーもセットになっています。

少し残念な点

搭載のカメラは低解像度が多いです。 性能・品質にも当たり外れがあり、
低価格でも安定して飛行するものもありますが、すぐに壊れてしまったり、まともに飛行しないようなものまであるのが現状

DJI社の協力を得て開発された Ryze Tello Powered by DJI (Amazon.co.jp) は、非常に安定した飛行をしてくれます。


Eachine や Hubsanなどのメーカーで選べばハズレは少ないですが、国内販売が少ないので、Banggoodなどの海外通販で購入する事になるかも?

↑最初に買うならこのあたりがオススメ、高度維持機能もついているの誰でも楽しめます!

↑個人的にはEachine E010が一押しです。拡張性もそこそこあるので送信機(プロポ)を本格的なものに変えたり、カメラをつけてFPV化もできちゃいます!

※FPV(ファースト・パーソン・ビュー)1人称視点のことでマシンからの目線で操縦できこと

Hubsan H501S H501C X4 RCクワッドローター スペアパーツ アップグレード プロペラ プロテクター保護カバーも良さそうです。見た目がかっこいい

マイクロドローン(Micro Drone)

操縦が難しくアマチュア無が必要、
FPV目線と驚異的な機動力が楽しい!

マイクロドローンはTiny Whoop(タイニーフープ) ・ Cine Whoop(シネフープ) ・FPVドローンなどと呼ばれるカテゴリーのドローンで、その名の通り小さなドローン。 軽量で強力なモーターを搭載し、ドローンに搭載したカメラの映像をゴーグルに投影して操縦するので、より臨場感ある1人称視点を楽しむことが可能。GoProを載せて空撮したりもできたり、小さいサイズな機種は室内撮影にも向いています。
ちなみに、ドローンレースではFPVでの操縦が必要になりますので
FPVにはアマチュア無線免許と開局申請が必要です。

ドローン本体とは別にラジコン用送信機(プロポ)とFPVゴーグルが必要になり、揃える機材も少し多め。
アクロモードという機敏に動くモードは難しく、freestyle飛行を楽しむには相当な練習を繰り返す必要があります。

スピード、機動力抜群のまさにレーサーにもなれます

少し残念な点

FPV飛行にはアマチュア無線と開局申請が必要なので、始めるのに少し敷居が高いのと、色々揃えると結構高価になります。日本ではパーツ含め購入できる場所が少ないです

重量は数十グラムから数百グラム程度。飛行時間はフル充電で数分~10数分程度。BetaFPVやHappymodelなどのメーカーが有名です。いちばん小さなTiny Whoopなどは手のひらに乗るほどの大きさです

 ↑最初に買うならHappymodel Mobula6を選べば間違いないです!室内でも外でも飛ばせる万能プレイヤーTinywhoopなので小さくて何処でも飛ばしやすい!

 ↑Beta85Xは風にも強くオールラウンダー的に使えます。撮影目的ならこのタイプですね

 ↑happymodel Crux3、ToothPickと呼ばれる軽量3インチレーシングドローン、評判もよく、すごい飛びをします。わたしもおもわず購入しました。軽く、カッ飛びフリースタイル系におすすめ

AliExpress.com Product - 2021 New 41g Happymodel Crux3 1-2S 3 inch 115mm 4in1 AIO CrazybeeX 5A CADDX Ant EX1202.5 KV6400 motor Toothpick FPV Racing Drone

空撮用ドローン(Micro Drone)

高画質な動画撮影に特化
操縦はほぼ自動運転

高性能カメラなどを搭載した「空撮ドローン」。通信距離が長く、遠くから広大な景色を撮りたいときに最適。
通常カメラには3軸ジンバルを搭載し、高速移動中でも、まるでカメラが空中に固定されているかのような、ブレのない安定したビデオが撮影できて、高画質な映像が撮れるので映像制作などにも活用できます。

飛行は非常に安定していて、だれでも簡単に操縦ができます。

ただし、200gを超えるドローンを飛行させる際には航空法が適用されるので、事前に国土交通省の許可などが必要

少し残念な点

最新技術と空撮が好きな人以外は、すぐに飽きてしまう可能性も?値段も3種類のなかで一番高価になりがちです

 ↑空撮用ならDJI製品にしておけば間違いないです。特にDJI MINIはコンパクトに折りたためて旅行などで持ち運びも便利。

 ↑MAVIC 2 PRO は高画質2000万画素1インチセンサー・ハッセルブラッドカメラを搭載。
全方位型の障害物センサー、機体下部にLEDライトを搭載し、安全性と安定性が大きく向上。これはもうカメラの分類に入るんじゃ(笑)

個人使用含めて趣味に使えるホビードローンを3種類とマシンをご紹介しました。
どれも、それぞれの楽しさがありますが

私はマイクロドローンをFPV操縦で飛ばしています。
マイクロドローンの中でもtiny whoopや3インチをメインにしていますが、自分が鳥になったような視点で自由自在に空を飛び回る楽しさは他にはありませんよ

ズバリわたし個人のおすすめは
趣味にするなら断然、レーシングドローンのFPV操縦です

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事