イラストレーターで画像を切り抜きたい!クリッピングマスクの基本と実例
スポンサーリンク

イラストレーターのクリッピングマスクは、図形などのオブジェクトや画像を切り抜いて一部だけを見せることができます。クリッピングマスク効果は元の画像を劣化(損なわない)させないのと
仕上がりサイズや印刷サイズに指定がある時なども便利な機能です

スポンサーリンク

クリッピングマスクとは?

配置した画像や図形の一部だけを見せたい時に、見せたい形状で切り抜けるのがクリッピングマスク機能です

パスで複雑な形に切り抜いたり、トリミングもできます。
スポンサーリンク

画像を切り抜く(マスクする)

長方形ツールでクリッピングマスク

適当な画像を配置

長方形ツールに切り替え

ショートカット:U

見えるようにしたい部分の上に長方形を作ります

このとき画像のどこを選んでるかがわるように、長方形ツールの塗りと線とは「なし」にしておきます。

画像と長方形オブジェクトを両方選択して、オブジェクト>クリッピングマスク>作成でクリッピングマスクされます

クリッピングマスクのショートカット【Windows】Ctrl + 7【mac】⌘(コマンド) + 7

長方形でマスクされました

クリッピングマスクを解除する時のショートカットは
【Windows】Ctrln+option+ 7、【mac】⌘(コマンド)+option+7です

クリッピングマスクが解除されました

円形ツールでクリッピングマスク

長方形ツールと同じやり方で出来ます。
画像を配置

円形ツールで画像の上にオブジェクトを作る

画像とオブジェクト両方を選択して、オブジェクト>クリッピングマスク>作成

クリッピングマスクでマスクの範囲を変えたり、
マスク適用時のオブジェクトと画像の配置順番など、クリッピングマスクについて知っておきたい情報もお伝えします

クリッピングマスクのパスの選択は直接クリックでも出来ますが、レイヤーからクリックすると確実です
クリッピングマスクのパスは色をつけたりも出来ます
クリッピングマスクのパスを調整(移動)すればトリミングが変更できます
なおクリッピングマスクする時にはマスクに使うオブジェクトは最前面にしないとマスクができませんので注意しましょう。
スポンサーリンク

ペンツールを使えば複雑な形でも画像を切り抜ける

ペンツールを使えば、人や動物などの写真の切り抜きもできます。

ペンツールに切り替えて、トレースしていきます。
このときペンツールの塗りと線は「なし」にしておきます。
塗りと線に色が付いていると見えづらいです。

細かい切り抜きはフォトショップの方が向いています

トレースできたら、画像とオブジェクトを選択して、オブジェクト>クリッピングマスク>作成でマスクできます。

まとめ

イラストレーターでデザインする時にクリッピングマスクを覚えておくと、デザインの幅が広がります。覚えておけばDM、チラシのデザインなどがやりやすくなりますよ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事